サクラとアジサイ

HOMEトピックス

花祭り(平成31年4月8日)

31ha.jpg31ha2.jpg 
4月8日は、お釈迦様の誕生日(花祭り)です。お釈迦様がルンビニーの花園でお生まれになったとき、天も歓喜して甘露の雨を産湯に降らしたと言います。午前9時より法要を行い、皆で誕生仏に甘茶をお供えし灌仏しました。

新入社員の研修会(平成31年4月2日)

DSCN9500_2.jpgDSCN9502_3.jpg
市内の有名ホテルの新入社員の研修会の一環として、今年の新人四名が大慈寺を訪れました。外人客の宿泊の多いホテルですので、一行は、住職の法話の後、坐禅体験や、茶道体験で日本の伝統文化の一端を研修しました。

波切の町と祠についての講演会と見学会開催される(平成31年3月24日)

01ho2.jpg01ho3.jpg
3月24日午前10時30分から、志摩国・案内人(ボランティアガイド)と志摩市の協働事業として、「波切の町と祠の生活」と銘打って講演会と祠見学の町歩き会が開催されました。午前中は、大慈寺を会場に住職の「祠と神さま」の講演を聴き、午後からは、実際に町のあちらこちらにある祠の見学をしました。参加者も50名以上と多く志摩波切の神まつりの祠というDeepな魅力を尋ね歩きました

春彼岸会行われる(平成31年3月21日)

1hi.jpg1hi2.jpg
3月21日午前10時より彼岸法要が行われました。天気は雨の予報でしたが、雨もほとんどなく沢山の檀信徒の皆様にお参りいただきました。次の行事は4月8日の花祭り(釈尊降誕会)ですが、甘茶を用意いたしますのでどうぞお参り下さい。

第3回坂東三十三ヶ所巡り(平成31年3月13~15日)

bn1.jpgbn2.jpgbn4.jpgbn5.jpg
3月13日から15日まで、第3回の坂東三十三ヶ所巡りに出かけました。今回は、茨城県の7ヶ寺でしたが、一番の難所である21番の日輪寺という関東の一番奥の霊場から筑波まで下ってくるコースでした。21番の日輪寺は、茨城、栃木、福島の県境の八溝山にある霊場で、日本武尊が東征の時これから先は「闇ぞ」と嘆いたことから、「八溝(やみぞ)」という地名がついたともいわれています。3月と言うのに八溝山は雪でした。泊まりは麓の大子町の袋田温泉でしたが、早朝袋田の滝を見学し、焼き物で有名な益子方面の3ヵ寺を巡拝、24番の楽法寺では、一山満開の早咲きの河津桜が我々を迎えてくれました。2日目は、筑波山麓の筑波温泉に泊まり25番の大御堂や筑波山神社にお参りして帰途につきました。今回は、雪あり桜ありでバラエティーに富んだ巡拝でした。
[P.2/4]