サクラとアジサイ

HOME

第3回坂東三十三ヶ所巡り(平成31年3月13~15日)

bn1.jpgbn2.jpgbn4.jpgbn5.jpg
3月13日から15日まで、第3回の坂東三十三ヶ所巡りに出かけました。今回は、茨城県の7ヶ寺でしたが、一番の難所である21番の日輪寺という関東の一番奥の霊場から筑波まで下ってくるコースでした。21番の日輪寺は、茨城、栃木、福島の県境の八溝山にある霊場で、日本武尊が東征の時これから先は「闇ぞ」と嘆いたことから、「八溝(やみぞ)」という地名がついたともいわれています。3月と言うのに八溝山は雪でした。泊まりは麓の大子町の袋田温泉でしたが、早朝袋田の滝を見学し、焼き物で有名な益子方面の3ヵ寺を巡拝、24番の楽法寺では、一山満開の早咲きの河津桜が我々を迎えてくれました。2日目は、筑波山麓の筑波温泉に泊まり25番の大御堂や筑波山神社にお参りして帰途につきました。今回は、雪あり桜ありでバラエティーに富んだ巡拝でした。